読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2歳 副耳切除手術 ~全身麻酔~ 

 

 

                             はじめまして

子育て真っ只中 毎日、息子たちに振り回されっぱなしのママです。

                       

副耳手術を受けた時のことを細かくご紹介します。これから副耳手術を考える親御さんのご参考になれば嬉しいです。知らない方もこんな病気があるとぜひ知ってみてくださいね。

     

 

       産まれてきた我が子に副耳があった。

わたし自信が不安だったことや気になっていたことなどをまとめてみました!

 

 

      「副耳って一体なに?」

知らない方の方が多いかと思いますが 耳の穴の前やほほに皮膚におおわれたイボ状のできものがある生まれつきの病気です。 片方の耳の前に一個だけあることがほとんど。 時には両方にあったり複数個ある場合もあり。また顔以外に首あたりに見られることも。人によって大きさや形も変わるそうなんです。
f:id:ponkotsumama:20170405143147j:image

出生1000人中15人程度にみられるとされておりそれほどめずらしい病気ではないそうです。

 

軟かくてぷよぷよしている場合は,皮膚だけがイボ状になっていますが,イポの中に硬いしこりがふれるときは軟骨(なんこつ)が入り込んでいることがあります。

 

ちなみに我が子の副耳はこんな感じでした。

f:id:ponkotsumama:20170407121445j:image

かなり大きめです。軟骨が入っているタイプの方ですね。

 

 

 

「我が子に副耳があったら… どうすればいいの?」

副耳による症状はほとんどありません, 副耳は顔や首にできるため目立ちますので,ご両親や本人の希望により美容的な理由で治療されることがほとんど。

 

 

ちなみにわたしも産まれた我が子の副耳を見つけたときは驚きました。え?なにこれ?病気?とすごく心配しました。

 

 

産まれたときはこんなかんじ

 
f:id:ponkotsumama:20170407102730j:image

 

もしかして、わたしのせい? 妊娠中になんかしたかな?とか ……自分を責めました。

 

そんなことないんですよ。副耳ができる原因はわからないんだそう。 ママは自分を責めたりしないでくださいね。

 副耳は福を呼ぶ耳とも言われていて良い意味もあるみたいです☆

 

「手術って?」

~治療は外科的な方法が必要~

 

糸で結ぶ方法(けっさつ術

けっさつ術は,副耳が小さいものや軟骨を含まないものに対して行われ,普通は生まれて早い時期にナイロン糸で副耳の根元のところをしばります.けっさつによって完全に血液の流れが絶たれると壊死(えし)となって1~2週間で自然にとれます.全身麻酔は必要ありません。

 

切除する方法(切除術)

軟骨を含む場合はけっさつしてもイボの根元が残ることがあり,軟骨を含めて副耳を切り取る方法(切除術)が必要です.またときに副耳の中の軟骨が,耳の軟骨と深いところでつながっていることもあるので,その場合も軟骨の切除が必要。全身麻酔が必要です.

 

 

 

いつ頃手術を受けるのがいいの?

 

手術は急いでする必要はありません。だいたいは全身 麻酔が容易になる月齢(年齢)まで待って手術が行われるそうです。結紮術でも切除術でもわずかな傷跡は残りますが,ほとんど目立たないそうですよ。

 

ちなみにうちの息子くんはちょっと大きめで軟骨が入っているタイプだったので切除手術の方になりました。 全身麻酔ということで2歳の誕生日を迎えてから手術を迎えました。ちょっと風邪気味で鼻水が出ている程度だったんですが、先生たちの許可も出て無事手術に挑めました。 熱とか出てしまうと受けれないことがあるそうなので要注意です。

 

 

手術はどこで受ければいいの? 」~手術は形成外科~

 

小児科で、相談すると形成外科で相談してみてください。と言われたり病院を紹介してくれたりしますよ。

だいたい手術設備がある大きい 病院になります。

 

 

「どれくらいで手術は終わるの?」 ~入院?日帰り? ~

 

わたしの息子くんの場合は 2泊3日の入院になりました。

 
f:id:ponkotsumama:20170405212354j:image

こんな感じの柵がついたベッドで入院することになりました。うちの息子くんも入院一日目は元気が有り余ってました。

もちろんママも付き添い入院中です。一緒のベットで過ごします。

事情によってはママの付き添いなしの場合もあるみたいですね。

病院に確認してみるといいと思います。

 

わたしの息子が入院した小児科の入院病棟にはプレイルームみたいなものがありました。元気な子はここで遊んだりすることができるみたいでした。

アニメのDVDの貸し出しなどもしていたのでとっても助かりましたよ♪

 

ベットにいなきゃいけないときは、子供も飽きてしまうのでお気に入りのおもちゃやDVDなどがあるととても助かりますよ。わたしの息子もぐずって大変でした。

年齢にもよりますが子供用タブレットやお絵かきボートなどもオススメです。

 

カラフルお絵かきボード

カラフルお絵かきボード

 

 

 

アンパンマン カラーキッズタブレット

アンパンマン カラーキッズタブレット

 

 

 

 一日目は、問診などをし、他は特にすることなどなくゆっくりすごしました。

2日目の午前に手術。

3日目は、先生たちと傷跡の確認、消毒などの説明をされ。午前中に退院という感じでしたね。

副耳はとる?とらない?」

 

 

とらなくても問題ないわけだし、ん~?とった方がいいのかなぁ?

 

親御さんにとっては、すごく大きな問題ですよね。全身麻酔となるとなんだか怖い。 わたしもそうでした。 息子くんが全身麻酔、 、 死んだらどうしようとか 後遺症とかなにかなったらとか そんなことばっか考えてました。

 

でも、

わたしの場合はやっぱ副耳は大きくなってまわりのお友だちにからかいの対象になったらかわいそうだし、もし、自分に副耳あったら絶対とってほしかったって思う!と思い手術に踏み切りました。

 もちろん、手術しないでそのまま副耳を残す子もいます。じっくり考えて結論だしてあげてくださいね。

 

 

人生を変えた贈り物 あなたを「決断の人」にする11のレッスン

人生を変えた贈り物 あなたを「決断の人」にする11のレッスン

 
決められない! ――優柔不断の病理 (ちくま新書)

決められない! ――優柔不断の病理 (ちくま新書)

 

 

 

 手術費用はいくらかかるの?

 親としては気になるところですよね。

とってあげたいけど、見た目がよくないから治すってことは、、整形みたいなもの?保険適用外ですごく費用がかかるの?

とわたしもすごく不安でした。

 

2泊3日入院して

退院の日かかった費用は

たった1,440円。

入院中の食事代のみでした。

不安な場合は担当の先生に聞いてみるといいですね。

全身麻酔

手術前はこんな感じ。
f:id:ponkotsumama:20170405215249j:image

 麻酔の点滴をされています。

なにが起こるのかまったくわかってない息子くんはぼーっとしてました。

 

手術前は麻酔科の先生がいろいろと説明してくれて安心させてくれました。

 

手術室まで一緒に行きます。

手術室に行くと大泣きする息子くん。麻酔が効くとすーっとからだの力が抜けて急に気を失うかんじでした。

 

手術中は外で待機です。

 

手術後


麻酔をしているので寝ているような状態です。
f:id:ponkotsumama:20170405212804j:image
f:id:ponkotsumama:20170405213014j:image
f:id:ponkotsumama:20170405213052j:image
点滴は、確か水分不足にならないようにするものと言っていたように思います。

こんなちっちゃいのに点滴とかされてかわいそうに思えてきますよね。

でも、意識はすぐ戻るので大丈夫!

f:id:ponkotsumama:20170405214701j:image

先生の許可が出れば最初は水分。また、すぐに食事もとれるようになります。

全身麻酔も、少し心配しましたが、 うちの息子くんは元気です☆ 先生たち信用してまかせて良かったです! 

 退院するときにはもう、こんなに元気に☆
f:id:ponkotsumama:20170407115825j:image

 消毒をするように言われて後は縫った部分を引っ掻かないように絆創膏を貼るよう言われました。

お風呂も傷跡を引っ掻かないように入れば大丈夫とのことでした。

初日は流す程度にしました。お風呂上がった後は消毒をして絆創膏を貼っていました。

担当のお医者に確認をしてみるといいと思います。

 

抜糸

 5日後ぐらいに抜糸が必要ということで、また病院に行くことになります。

 抜糸するときは、少し暴れるので

かわいうですが看護師さんとわたしで押さえました。その間に先生が糸をひょいひょいと抜いてくれてすぐ終わりました☆

 

 

抜糸した後のお耳はこんな感じです。
f:id:ponkotsumama:20170407115824j:image

手術4ヶ月後くらいたつとこんな感じに

 
f:id:ponkotsumama:20170407122229j:image

 傷跡もそんなに気にならなくなりました☆

 

いかがだったでしょうか。

副耳切除手術が終わるまででした。

思いきって受けてみて良かったというのがわたしの感想です。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。♪